現在の場所:トップミャンマーヤンゴン
カスタム検索
金箔を貼って御利益を
 

スコータイ  ロイクラトン祭の写真をスライドショーにまとめました。⇓
ロイクラトン祭  (ライト&サウンドショー、祭りの華、パレード) スコータイ遺跡 シーサッチャナライ遺跡


金箔を貼って御利益を
塔の入り口にいる金箔売りから金箔を買い、自分の身体の治したい部分と像の同じ場所に金箔を張り付ける。この金箔はとても薄く、旨く貼らないと自分の指に金箔を貼ることになってしまう。ミャンマーの人々にとってパゴダを建てることは最大の功徳だが、日々参拝の折りの金箔貼りも大きな功徳だ。原型が解らなくなるほど金箔が厚く貼られている仏像も沢山あった。この風習は15世紀にモン族の女王が、自らの体重と等しい金箔をシュエダゴンパゴダに張ったことから、現在の金箔を張る風習に至っているという。
(2001-2回)