カスタム検索
王宮博物館
 

スコータイ  ロイクラトン祭の写真をスライドショーにまとめました。⇓
ロイクラトン祭  (ライト&サウンドショー、祭りの華、パレード) スコータイ遺跡 シーサッチャナライ遺跡


王宮博物館
建設当時(1909年)はフランスがラオス全土を植民地化していたが、ルアンパバーンだけが保護領として王政を続けていた。フランスが王の保護を印象付けるためにこの宮殿を建てたらしい。そのため建物は、フランス美術様式とラオスの伝統様式とが混在したものとなっている。王政廃止後は博物館として利用されている。博物館の中には、代々の王への諸外国からの贈り物や、刀剣や仏像のコレクションが並んでいる。(2001)