カスタム検索
ルアンパバーン中心街
 

スコータイ  ロイクラトン祭の写真をスライドショーにまとめました。⇓
ロイクラトン祭  (ライト&サウンドショー、祭りの華、パレード) スコータイ遺跡 シーサッチャナライ遺跡


ルアンパバーン中心街
ルアンパバーンは1995年、町全体が世界遺産に登録された。歩いて回れるほどの山あいの小さな町に、80もの寺院がひしめく。ルアンとは「大きな」、パバーンとは「仏像」を意味し、町全体が静かな落ち着いた雰囲気を持っている。ラーンサーン王国時代の古きよき時代からの町のたたずまいは、今もなおラオ族の心のよりどころかもしれない。
写真は町の中心を走るワット・ウポソックルアン通りのタラート・ダーラー前、客待ちのテュクテュクも自転車もどこかのんびりした感じがする。(2001)